アザレのシカク

カテゴリが多すぎる兼業主婦アザさんの視覚?死角?□?な日記

友達の遺伝子を持ったひと

 

 GWは行きつけの道場がお休みでいつも残念、二児の母です。

 

さて世の中には、見た目に関して同じ遺伝子をもった人があちらこちらに存在する。

f:id:azarenia:20170428112242j:plain

 

尊敬できる部分がある女性としか友達にならず、女友達の数が極端に少ない自分にとって、マーちゃん(仮)は貴重な旧友のひとり。

高校時代に、部活も専攻も違うのに友人つてで出会い、なんでもない話をしながらずっと仲良くしていた。離れた学校へ進学した頃は文通(!)をし、就職や結婚をした頃はmixiでやりとりをし、家族が増えた昨今はfacebookで交流が続いている。

 

マーちゃんは色白で目が細く、やせておらず太っておらず、髪が黒々としている。背丈はわたしより少し高いくらい。

話し方はすごくゆっくりというわけではないが、いつも穏やかな雰囲気が漂っていて、飾り立てない素朴な恰好をしている。が、とある素材分野においては学術的研究研鑽を重ねたプロであり、高度な理系である。中身のガチさと、見た目のゆるやかさとのギャップが良い。

 

遠くに暮らすマーちゃんとは滅多に会えなくなり、近況はSNSのお陰で知りつつも、マーちゃんの実体的な雰囲気をリフレインする機会はない。

しかし、子どもを園に通わせることがきっかけでトトちゃん(仮)というママさんと出会ったのだが、初めて会ってご挨拶したときに

「このひと、マーちゃんにすごく似ている。このひととは、間違いなく仲良くなる」

と肌にぴりぴり来た。

色白で目が細く、やせておらず太っておらず、髪が黒々としていて、わたしより少しだけ高い背丈。穏やかな雰囲気が漂っていて、飾らない素朴な恰好をいつもしている。

 

自分から誰かにべたべたする性分ではないが、トトちゃんとは、子ども同士が仲良しになったことも重なって、あっという間に親しくなった。

驚いたのは、トトちゃんが、見た目のゆるやかさと相反するように、非常に能力が高いひとだったことである。一言でまとめると、暮らしや子どもたちや学校のイベントで必要になったものは、食器棚から着ぐるみまで何でも自分で作ってしまう。

手先が器用というだけでなく、技術的な環境も充分すぎるほどであった。3月に卒園イベントで保護者が踊ったり狂ったりした日(後に書きます)の配布用 DVD も、彼女が撮影・編集を手掛けたと聞いている。

初めておうちへ遊びに伺ったときにトトちゃんは自分の macbook をリビングに置いていて、これはと思ってLINEスタンプを作った話をしてみたら、昨今のスタンプの作り方やトレンドについて彼女はとっくに周知で、楽しく意見交換ができた。素晴らしかった。

 

それはさておき言いたいのは、トトちゃんの見た目から「マーちゃん似」という強い親近感を持ったものの、後から「中身のガチさとのギャップ」というマーちゃんの最大の特徴が彼女にも在った事実である。

そして、トトちゃんもまた、わたしと同い年であった。

 

勝手ながら自分の腑に落ちた。

このひととマーちゃんは同じような遺伝子を持っていて、そういうひととわたしの遺伝子は相性がいいのだ。見た目からでもそう信じて、自分の殻を破ればいい。

 

この件があって以降、懐かしい友人に顔のかたちやバランスや体形がよく似たひとと街角ですれ違うと、「ああ、○○ちゃんと同じ遺伝子持ってるな」と気軽に声をかけたくなる。

どう声をかけようと怪しい感が拭えないので、至らないけれど。

 

f:id:azarenia:20170428235253j:plain

 お題「マイルール」