アザレのシカク

カテゴリが多すぎる兼業主婦アザさんの視覚?死角?□?な日記

キルフェボンに於けるモンブラン2種の比較調査

なかなか暇がない、と言った矢先に記事を書く。死後は確実に閻魔様に舌を抜かれるアザさんです。

前回のしょうもない日記にすら、まさかの☆をつけていただきありがとうございました。応援の☆と思って、今月のいろんなヤマを乗り切っていこうと思います。

 

さて

秋が大好きな理由の1つに、モンブランがあります。10月に入ると各パティスリーが一斉に、趣向を凝らしたモンブランの販売を始めるのです。

通年通して「妊婦じゃないけど酸っぱいもの倶楽部」(※妊婦さんは名誉会員とす。)総裁を務めておりますが、秋にはモンブラン調査団(リットン、的なニュアンス)の使命も帯びます。

 

本日、ふつうの形のモンブランには飽き足らず、お気に入りのタルト専門店「キルフェボン」に足を運んでみました。

モンブランのタルトがっ、・・・なんと2種類も用意されていました。選べません。

 

昼飯代をふいにして、というかこの2種を昼飯として購入し食べ比べてみたので、以下ご参考ください。

f:id:azarenia:20151005145150j:plain

【チョコレートとラズベリーモンブラン(写真上)

中央に挟まれた栗はラム酒漬け。一口目からラムの香りに包まれ、クリームや生地のチョコレート風味とたまに差し込まれてくるラズベリーの酸味で終始楽しくいただける1ピース。

わたしはお酒に弱くないため、ラム酒のアルコールがどこまで飛ばしてあるのか判別不可能。アルコールに敏感なかたは【モンブラン】のほうが無難かもしれない。

女子に例えるなら、おしゃれで軽快、ブラックワンピースと赤いパンプスのフレンチ系。

 

モンブラン(写真下)

生クリームのこってり感とグラッセした栗の甘味が、しっかりとやって来る。

生クリーム自体は淡泊にしてあるが、グラッセのために全体として甘味が際立つ。【チョコレートとラズベリーモンブラン】に比べて「ほっこり」「素朴」な風合い。

タルト生地がブラックカカオでビター寄り、そこだけちょっとつまんでも美味しい。この部分が全体の引き締めになってるかというとそうでもなく、ひたすらどっしりした食べ心地。

女子に例えるなら、おさげとニット帽が似合う、足元はブーツで重めにまとめたナチュラル系。

 

【結論】

両者とも中の上部に入ったマロンペーストは同じ。その上下に挟んだクリーム・ラズベリーペースト・タルト生地の違いで異なる女子、いや個性としてまとめてありました。

両者とも、一般的なモンブラン・ケーキとは食べ心地も違いますので、お試しの価値はあると思います。

2つを食べ比べた結果、空いていた腹にすらズッシリ来て、今はもうモンブランがキライです。見たくもありません。ので、この2つのモンブラン・タルトのうち

 

どっちがいいかは、おすすめ、しません!!!!!!(アスカコーポレーションのCMふうに)