アザレのシカク

カテゴリが多すぎる兼業主婦アザさんの視覚?死角?□?な日記

「実質〇円」で機種変更するかどうか問題。

今のガラケーを使い続けて、そろそろ3年目。

この頃は、携帯電話ユーザーの半数がガラケーを使ってるという事情が明らかになったそうで、各社がスマホだけではなく「もっといいガラケー」も製造してくれつつあるようです。

にしてもね、こだわりの新機種を買うとなると、やはり高くつくようで。

 

マイショップに登録しているドコモ正規店からは、そこを親切にカバーしてくれそうな雰囲気の顔(勝手な想像)でこんなお知らせがきました。

「今なら実質〇円で、最新モデル XX-XX に機種変更できます!」

 

ガラケーを純粋に「電話とメールができる道具」として使いつづけるアザさんとして、これは本当にオトクなのかどうか?

ちょっと以下に考察してみました。長ったらしいですよ。

 

【そもそも 実質〇円 ってなんなの】

伏せてはいますが、

「こんな程度の額でええんなら、最新機種に替えちゃおかな・・・?」

思わずショップのお誘いにノッちゃいそうな価格を打ち出されています。

 

ただし、ふつーに「〇円」ではなく「実質〇円」と書かれているところがミソ。

「実質」とはこの機種を分割払いするとき、キャリアが月々サポートしてくれる額を相殺した結果を指すようです。

 

また今回のケースでは、2年間月々サポートを受け続ける(分割払いし続ける)ことで相殺額が「〇円」になるのでした。

つまり、もっとカッケーガラケーが発売されて欲しくなったり・トイレしかもボットンのほうに落として再起不能になったり・その場で直ちに証拠隠滅せねばならなくなったり・といった何らかの事情が2年未満のうちに生じてまた機種変更をやったりすると、「実質〇円」プランは破綻します。

 

2年も慎んだ暮らしをしなければなりませんのか。

むり!!!!!!!

 

【実質〇円 で買えるには条件があった】

さらに今回のケースでは、ショップが提案するパケ放題サービス「データSパック」に加入することが「実質〇円」で機種変更できる条件となっていました。

 

 アザさんは前述のとおり、ガラケーでは電話とメールだけしかやらず、調べものをしない - つまりパケット料がたいしてかからない使い方をしているので、

パケット定額サービスは、一番安い代わりにパケット量の上限が小さいプラン「パケホーダイ・ダブル」を選んでいます。

 

アザさんのパケット使用量は、毎月(多く見積もっても)約30000パケット。

パケホーダイ・ダブルで「ここまでたくさん使ってもあんしん!」とキャリアサイトに書かれている上限パケットが 52500 パケット。

ここにすらぜんぜん到達しないヘボさです。

 

そして、パケット定額サービスを今の「パケホーダイ・ダブル」からショップ提示の「データSパック(小容量・2GBって書いてある)」に変更した場合、

 

◆月々1500円サービス額が上がります

◆その額で使える上限パケットが52500パケットから2GB= 16777216パケットになります(だいたい319倍)

 

これは、超ガラケーユーザーなアザさんにとってメリットなのでしょうか??

 

もしかしてこれは・・・

小さなベランダで、プランター1つで家庭菜園している人(アザさんそのまま)が

プランター319個ぶんの土地を耕せるヤンマーの耕うん機を「なんかまぁ、そんなに高くないから」ってローンで買っちゃうのと、同じなんじゃないか!??

 ↓参考

 

f:id:azarenia:20150413171001j:plain

カッケーな・・・ゴクリ

 

【人はいつか、使い方に合ったプランに還る・・・by C.W.ニコル

ショップ提示のパケ放題サービスデータSパック」は、昨今の事情を加味したもの、つまりスマホのようにアプリなどのデータをいっぱいダウンロードしたり、暇つぶし感覚でニュースサイトにガバガバアクセスする使い方をする人向けのプランでしょう。

 

わたしが新機種のガラケーに変更したとして、
果たしてそのようなスマホ的な使い方をするでしょうか?

はたまた、パケット上限量に見合うぐらい、通常の319倍ほど電話をするようになるでしょうか?あるいはメール打ちまくるでしょうか?

 

具体例で言うと、

今わたしは1日に1回、夫から「帰ります」メールが来た時に「おつかれー」ってメールするんだけど

 電話帳に載ってる319件、つまり遠くの親戚・会わなくなった昔すぎる知人・ショップ・各科の医者に毎日「おつかれー」ってメールする~?

 

ないね。

絶対ない。頑張ってやっても通報される。 

 

使いもしないパケットに見合った料金を支払い続けるのは、

たかが月々1500円でも「なんかヤダ」。

耕うん機の例に戻って考えれば、

・・・そうかっ、これって100パー無駄遣いじゃん!!!!

すすっスンゲーーーわかりやすい!!!!!!!

 

それが2年間となると合計で36000円で「けっこう呑みに行ける金額だなあ」と思いました。

 

そうか・・・わたしの贅沢の基準って

「呑みに行ける金額かどうか」か・・・!!

 

以上より、

今のガラケーがすごく壊れちゃった・しかも今の機種はもう売ってません、という場合にアザさんは初めて機種変更を考えようと心に誓ったのでした。

 

参考サイト:

■「実質0円」と「一括0円」の違い | スマホ情報

パケット・バイト換算 | 料金・割引 | NTTドコモ