アザレのシカク

カテゴリが多すぎる兼業主婦アザさんの視覚?死角?□?な日記

稽古中に道場裏で事故

ちょっと調子が出なかったりでなんとなく空手稽古に行くのを1週間休んでいましたが、なんとなく今日は、ゆるいお昼のクラスに行ってみることにしました。

道場はビジネスビルの上階にあり、周りは国道があったり交通量の多いところです。

 

ちょっと稽古をしていると、バーン!と大きな音が。

風が強い、寒い日だったので「なにか大きな看板でも落っこちたかな?」と思いましたが、間髪いれず女性が叫ぶ声が聞こえたのでみんなで窓からその裏道を見下ろしてみると

横転した宅配バイクの下に大の字で人が挟まっていて、その傍らで女性が必死に声掛けをしているのが見えました・・・
スウッと血が引くような心持ちが。

先生「ちょっと、行きましょう!」

 

先生も稽古生も道着のまんま、トイレ行く用サンダルをつっかけたまんまで現場へ向かい

わたしは途中でふっと思い立って、道場おそうじ用のきれいな雑巾をたくさん掴んで後から駆けつけますと

 

破損したバイクが横に押しのけられ(たぶんBY先生)、荷物のお弁当箱が滅茶苦茶に割れて散乱している中で、つるつる頭のおじいさんが頭から血を流して倒れていました。
叫んだ女性はただ単に通りがかりのかたで、このバイク単独で横転したらしい状況について通報をしてくれていました。

 

現場の路地に行ってしまうと、路地やおじいさんの周りを片づけたり、路地にがんがん入ってくるクルマやバイクの誘導をしたり
やっとく事が多かったせいか、冷静に状況を見つめていました。


今回すごかったのは、来てた稽古生がたった3人だったけれども、それが
お医者さんと看護婦さんと健康優良不良主婦アザさん(どうでもいい人)であったことです。

アザさんが野性のカンで持ってきた雑巾をお医者さんがグッと頭部の怪我へ当てて止血し、看護婦さんが手を握った状態で、負傷おじさんは無事に救急車まで安静を保つことができました。(意識もしっかりしてたそうです)

f:id:azarenia:20141217142408j:plain

女性の自分らはともかく、先生は道着いっちょうでおもてに出てしまったので「寒い!!」を連発なさり、道場にはあったかく暖房がオンになりました・・・


ちょっとは人助けできたかなあ。今日空手いっといて良かったです。