アザレのシカク

カテゴリが多すぎる兼業主婦アザさんの視覚?死角?□?な日記

たのしく生きる

お掃除ロボットに目玉シールをつけた時のメリットデメリット

雑種犬なら飼ったことある、二児の母です。 都会の狭いマンション暮らしですが、4人も一緒に暮らしているとあっという間に床が汚れてくるものです。ほこりや髪の毛をとるには乾拭き、裸足で歩き回った汚れをとるには水拭き。手が回らなくなってきたので遂に…

悲恋に浸りたければ糖質オフを

夏場の激務に対応すべく激喰いして激成長(横に)、二児の母です。 これまで普通に履けていたタイトスカートを久しぶりに履いたら、おなかを圧迫した結果おなかを壊したので、ようやく真顔になって「体を絞ろうかな」と思いました。お気に入りの漫画家がゆか…

ただの里帰りじゃ終わらせねえ

激務でしたがお盆休みは無事に帰省、二児の母です。 実家は遠方につき、顔を見に行くのは年に数回。半年ぐらいご無沙汰して両親に会うと、記憶の中の彼らよりもだいぶ老け込んでいて、笑顔なんだけども不安を誘う。 ついでに、久しぶりの父は初めてうんとヒ…

手先が不器用な人向けかも、なミニ財布「コモド」

息子はアスペルガー症候群、二児の母です。 彼は小さいときから手先の不器用さがあり、中学生になっても靴ひもを結べません。できないことについては練習も大切にしていますが、できないことが色々あるという現実に加えて心にかかる負担が強い特性から、些細…

友達の遺伝子を持ったひと

GWは行きつけの道場がお休みでいつも残念、二児の母です。 さて世の中には、見た目に関して同じ遺伝子をもった人があちらこちらに存在する。 尊敬できる部分がある女性としか友達にならず、女友達の数が極端に少ない自分にとって、マーちゃん(仮)は貴重…

カレンダーを手作りする年

息子があすから中学受験っつーのに親子ともにマイペース、二児の母です。 年末は大きなカレンダー売り場であれこれ物色することを楽しみにしてきたのですが、どうも、「自分の求める機能だけが盛り込まれているカレンダー」というものが例年見つからないとい…

恥ずかしファーコートをまだ捨てられない理由

11月にして初雪の寒さに震えています、二児の母です。 というのは、春ごろに冬物の服やコートをまとめてクリーニング&保管サービスに出したのですが、返却日をもうちょっと先に設定してしまったからです。 唯一うちのクローゼットに残ったのが、総天然フ…

女性の「頑張ってる自分へのご褒美」、真の意味

電車に乗っていると、女性向け雑誌の中吊りに「頑張ってる自分へのご褒美」といった文言を見かけることがあります。 クリスマスの雰囲気が近づくと、その言葉が今年一年の総括として使われるのか、コフレや期間限定商品の販促として頻繁に目にするように感じ…

頼まれ事をすぐやってあげることの、絶大な効果

忙しいときほどささやかな幸せ(さきいか等)を噛みしめたい、2児の母です。 仕事先の料理店は自宅からも近く、社長やその奥様を身近な存在として感じながらいろいろお手伝いをしているんですけれども、 「この燻製チップを注文しといて!」 などと言われた…

予約要らず、まったりハロウィン♪@横浜イングリッシュガーデン

寄せては返す波のごとくPTA業務が終わらない、しかし子どもの気持ちにも向かい合わんとなあ、2児の母です。 むすめはうんと小さいうちからハロウィンの仮装イベントを気に入ってしまったので、今年も何かしらのハロウィンイベントに参加させてあげないと。 …

小学算数の添削問題に成金父さんあらわる

自分の膨大な「くだらないことデータベース」と化しているFacebook を、ちょっとした調べ事のために読み返していたところこんな話が、二児の母です。 息子には長年、子ども向けの通信添削教材としては難易度が高いやつをやらせています。 「親のわたしに解け…

マンモやる前にちょっと殴られとくといいよ

俺の名前を言ってみろ・・・!!!!! アザさんです。師走の二児の母ってほんとに忙しいです。 そんな折なのに、住まいの市から、年内に受診を奨励するがん検診クーポンが3種類も送られてきました。 以前同じようなクーポンをもらったときにはギリギリに受診し…

くよくよを解消させる行為とは

昨夜は子どもの用事の段取りを2つもミスって、相当にくよくよしていました。 同じ過ちを繰り返さぬよう、息子部屋のカレンダーとリビングのカレンダーに印をつけ、 ご迷惑をおかけしたかもしんない方面に丁寧なメールを出し、ただちに温かいお返事をいただ…

キルフェボンに於けるモンブラン2種の比較調査

なかなか暇がない、と言った矢先に記事を書く。死後は確実に閻魔様に舌を抜かれるアザさんです。 前回のしょうもない日記にすら、まさかの☆をつけていただきありがとうございました。応援の☆と思って、今月のいろんなヤマを乗り切っていこうと思います。 さ…

ママンも、本を読もう。

手元のガジェットでネットニュースやミニコラムをさんざん読める時代になってさ。 慣れてくるとそれを俯瞰している「セカンド自分」がいた。 毎日ライトにばんばん読んでいくんだけども、自分の内になんの一滴も投じられていない。なんかを一瞬知るんだけど…

蒼い畳に、替えてみた!!!!!

ちょっと前に再会した仲間の中に、実家の畳店を継いだギタリストがいたんですけど。彼が 「ボクの部屋、黒い畳を敷いてますよ」 って不敵に笑ったのがきっかけで知りました。 " 世の中には、「カラー畳」というジャンルが存在する " ボロボロになってる六畳…

夏が来る前に、LINEスタンプを作っちゃいました

子どもたちの夏休みもじりじり近づいております。 ひたすらに忙しく、ひたすらに暑い夏・・・ その前に、ただの二児の母のくせに、LINEスタンプを初めてリリースしてみましたわい!!!!!! 「すぐ泣くとくちゃん」 http://line.me/S/sticker/1159717 画像一覧で…

雨続き?なら、おうちパフェだ!!!!!!

ガチ梅雨が続いていて、おつかいも億劫だし子どもたちも煮え煮えです。 というわけで、おうちにある食材を使って、わたしや子どもたちそれぞれが好きなものをパフェグラスに入れていく「おうちパフェ」を各自創作することにしました。 こういうのは、まずイ…

直線縫いワンピース(大切なのは、スモールステップ)

手元に1年ほど、手芸店で見つけたリバティっぽい薄手生地を熟成させていて これでワンピースかブラウスを作りたいなと思っていたのです。 で、色々アパレルショップを見て回ったり型紙の本をネットなどでみて回った結果、 この表紙みたいな形にしたかったの…

今日の「切ない」

気になっていた薬局に初めて出向いてきました。 漢方相談なんかもやっている親切な感じのお店で、結局市販薬を1ビン買いまして 「包装はいらないです、お店のテープを貼っていただくだけでいいですよ~」と申しましたら 「うちね、テープないから、袋に入れ…

ドラえもん、詩はもっと簡単でいいんだね。

(お題に対して)最近、ではないのですが、ちょっとむかしの話を思い出したので・・・。 息子が小学校にあがるときに、親戚がこの本をプレゼントしてくれたことがありました。 その頃わたしはSNSにおいて、素晴らしい詩を書き、また世の中にある素晴らしい詩…

意外な同期たち。

GWの帰省から帰ってきました、アザさんです。 家族、特に子どもができると、休日ではありながら自分のペースで休めるわけでもなく、お出かけ先でも実家であっても終始自分で気づかないうちに気を張りどおしだったりして、思いがけなく疲れが来るものですね。…

虎視眈々スコーン。

むすめ(園児)の春休みがなかなか終わらないッ・・・!!!!! 2人っきりの金曜日を見越して、木曜の晩はカゴに山盛りで売られていた終わりかけの小さいいちごをいっぱい買って、鍋でぐつぐつ煮込んでいました。 どうやらいちごジャムは、自分で作ったほうが、…

気になる彼も春服にチェンジ

ここ1年ぐらいですかね、近所に女装のホームレスが住んでるようです。 よくそのへんを歩いています。 「顔がすごく汚れている」というだけでなんか怖くて、まっすぐ彼を見ることができないんですけど、よく見なくてもおじさん。 額のキワんとこがちょっと薄…

あと5年は生きようと。

5年日記帳を買い、40歳になった今月の誕生日から、つけ始めています。 10年日記帳でもよかったのですが、この5年モノの赤い布貼りがまず 「本として、イイ装丁だな」と思ったのです。 分厚くなく、書き続けるという意味での「重さ」もさほどでない。 …

ファレルの "HAPPY" がとても好きな理由

ちょっと前からすごく流行っているこの曲ですけど、歌詞を聞き取ってない段階から「なんかいいなあ」と思って、次に歌詞を把握したらもっと好きになった。 幸せを伝播する。 音楽にはそうあってほしい。 ◆過去を悔やむこと ◆未来を不安がること は自分を向上…

ピーピーうるせえから黙らせてやった

みりんや料理酒なんかで魚を煮切ろうとするとね、うちの火災報知器がすぐ鳴るんですよ。 もうね、お醤油にちょっとでもみりん足して煮ようとすると、ものの数分後、すごい音でピーピーピーピー言い続けるの。ガス以前にアルコールで反応してるってこと。 ア…

ビビる、故に失敗しない

実はこの企画↓ を実行する前日、 (担任の先生へ、クラスのみんなで完成させるリース - アザレのシカク) 企画がだいなしになる悪夢をみて泣いていました・・・。 アザさんは空手の先生に看破されているとおり、ビビリです。 「力に頼るやりかたで空手をやっ…

担任の先生へ、クラスのみんなで完成させるリース

うちの子が通う幼稚園では、学年末の日に「担任の先生へ、クラスの子どもたちから一本ずつお花をプレゼントする」というイベントをクラス委員が企画するのですが このスタイルは年内に先生へのお祝い事イベントとして既にやってしまったので、違うスタイルで…

月曜は脱ママンの日

子どもたちが通学・通園するようになってからは、平日が自分の仕事とやりたいことの日。 その分、週末に束縛を感じることが増えて・・・ 過ぎたばかりの週末は、風邪で声が出なかった。 「自分のタスクをこなしながら、子どもたちに遠隔指示する」暮らし方を…