アザレのシカク

カテゴリが多すぎる兼業主婦アザさんの視覚?死角?□?な日記

ほんわりと素材の甘みに包まれる - 湖池屋プライドポテト「幻の芋」

湖池屋が新作を出せば検証する、二児の母です。 高級感シリーズの、さらに進化版が発売されてしまいました。 KOIKEYA PRIDE POTATO「幻の芋とオホーツクの塩」です。 今回はとにかくおいもが凄いとのふれこみ。パッケージによると、北海道でちょっとしかとれ…

湖池屋カラムー超の強さを超人に例える

超超超超いい感じ、二児の母です。 この絵を描くことになった顛末が、以下になります。 愛するコイケヤ(以下、湖池屋)からまたもや話題作が登場しました。同時発売された 「カラムー超」「すっぱムー超」のうち、今回は前者について検証します。 【湖池屋 …

もはや食育レベル。湖池屋ポテトチップス「うま塩」

部屋と湖池屋と私、二児の母です。 昔馴染みのコイケヤ(以降、湖池屋)が、最近えらく熱い。どうせ熱くするなら揚げたてを販売してくれよってほど熱い。本年は55周年ということで、スタンダードラインナップのポテトチップスもリニューアルや追加がなされ、…

お掃除ロボットに目玉シールをつけた時のメリットデメリット

雑種犬なら飼ったことある、二児の母です。 都会の狭いマンション暮らしですが、4人も一緒に暮らしているとあっという間に床が汚れてくるものです。ほこりや髪の毛をとるには乾拭き、裸足で歩き回った汚れをとるには水拭き。手が回らなくなってきたので遂に…

嬉しいときと悲しいときの身体イメージ

人間の身体って面白いなあ、と思う二児の母です。 とても嬉しい、わくわくする、そんなとき上半身の血があがって、身体のほうが高揚していることを俯瞰している自分がいた。 胴体上部、横隔膜の上に溜まった熱が心地よく首までに及び、温まって肩があがり胸…

悲恋に浸りたければ糖質オフを

夏場の激務に対応すべく激喰いして激成長(横に)、二児の母です。 これまで普通に履けていたタイトスカートを久しぶりに履いたら、おなかを圧迫した結果おなかを壊したので、ようやく真顔になって「体を絞ろうかな」と思いました。お気に入りの漫画家がゆか…

ただの里帰りじゃ終わらせねえ

激務でしたがお盆休みは無事に帰省、二児の母です。 実家は遠方につき、顔を見に行くのは年に数回。半年ぐらいご無沙汰して両親に会うと、記憶の中の彼らよりもだいぶ老け込んでいて、笑顔なんだけども不安を誘う。 ついでに、久しぶりの父は初めてうんとヒ…

もしもママンが「とこちゃんはどこ」で読書感想文を書いたら

タイトルは「ドリフの大爆笑」っぽい感じで読んでほしい、昭和生まれの二児の母です。 小学生になったむすめが、初めての読書感想文に取り組んでいます。 最近の小学校は公立でも至れり尽くせり。読書感想文のための「わーくしーと」なるプリントが配布され…

手先が不器用な人向けかも、なミニ財布「コモド」

息子はアスペルガー症候群、二児の母です。 彼は小さいときから手先の不器用さがあり、中学生になっても靴ひもを結べません。できないことについては練習も大切にしていますが、できないことが色々あるという現実に加えて心にかかる負担が強い特性から、些細…

床屋が共産主義風にしてきた夫の髪型を更生させる

ママンは激怒した。まいど、二児の母です。 夫と息子は近所の、地域に馴染んだ「ヘアーサロンないとう(仮)」という床屋に長年通ってきた。行きつけだから店のおじさんも顔を知ってくださっているし、コロコロコミックを読みながら待てるというのがお気に入…

ママンと空手のなれそめ

勤務先(うなぎ料理店)繁忙期と同時に子どもたちの夏休みスタート、早くもデッドの二児の母です。 小柄な女で基本的には主婦の身ながら、空手道場という空間に混ぜていただいて10年目を迎えてしまう。10年とはいえ出産を挟んでブランクもあったし、組手…

はてなブログに外部アクセスカウンターを装備する

PTAダブル役員を退任してからは仕事に家事にこっち方面に全力投球、2児の母です。 「はてなブログにアクセスカウンターでも付けてみっか」と思い立ち調べてみたところ、はてなのサービスに専用のアクセスカウンター「はてなカウンター」が用意されていまし…

やったことはすべて蓄積される(ダメージも)

健康なようでいて身体のことには鈍感なのかもしれない、二児の母です。 昔から奥の銀歯の辺りが腫れやすくここしばらくも調子がよくなかったので、ちょっと心配になってきて久々に歯科で検診してもらいました。 腫れた辺りはひどいことになっておらず良かっ…

きらりんシールを最低導入コストで楽しむ

むすめの物欲(レベル:小1)と日々戦う、二児の母です。 むすめが、またもや女の子向けテレビ番組の隙間に挟み込まれるおもちゃCMに触発されて「きらりんシールがほしい」と言い出しました。 「スタンダードセット」が高すぎることから、中身少なめの追…

ママンの甕はヒビ入り

元気なようでいて華麗に加齢、二児の母です。 先日いつもの空手道場にて、(昇級審査が無事に終わり、審査項目を復習する日々も終わったので)久しぶりにミットを殴る稽古をしたのだけど、「ミットを打った衝撃が、後頭部にズーンと来る」という珍しい体験を…

ちょっとの雨風だけで。

大人なりにかわいいママンを目指したい、二児の母です。 そんなヘアスタイルにしてもらったはずが、ちょっと雨風にさらされただけで、もとい、ちょっと走って子どものお迎えに行ったとかそんな程度の向かい風で、「少年漫画には必ず出てくるやつ」みたいなヘ…

インスタを取り込んでみるママン

もっとこう、ハミングするような気楽さで絵を描いてスピーディーにアップする術を試行錯誤している、二児の母です。 今まではガラスペンとインクで絵を描いて、それをスキャンして色合いなどを加工してからPCにてネットにアップしてきました。色合いにこだ…

硬いひと、ひねり浮く

連休中は行きつけの空手道場が毎年お休みで本当に残念、これ2度目、二児の母です。 根がふまじめな上に空手は家庭に持ち込まない主義につき、こんな時期はどんどん身体がゆるむ。ふまじめだけど危機感はある(かっこいい顔で)。 今までこんなときはランニ…

友達の遺伝子を持ったひと

GWは行きつけの道場がお休みでいつも残念、二児の母です。 さて世の中には、見た目に関して同じ遺伝子をもった人があちらこちらに存在する。 尊敬できる部分がある女性としか友達にならず、女友達の数が極端に少ない自分にとって、マーちゃん(仮)は貴重…

「PTA部」で、いいんじゃね?

去年度はなんの委員経験もないまま、学校PTA実行役員と市PTA役員をいきなり兼業しました、二児の母です。 先に言っとくと、PTAとは、学校の先生と保護者がスクラムを組んで、学校運営のために必要な雑用に当たるボランティア組織のことです。 子どもがいなか…

自己紹介を間違う

え~、何から言ったらいいのかわからないですけど、二児の母です。という自己紹介をやった話。 昨年度は、子どもの通う学校で初めてPTA役員という肩書を賜っていました(ついでにもう1つ役職が追加されました)。 ふたを開けてみたら無償労働なくせに仕…

かいにいく

買いに行く。 きほんのちょうみりょうを がっこうでひつようだといわれたものを あのほこりをきれいにはらえるどうぐを ちいさくなったふくのかえを かいにいく あめそぼるひも、てりかえしきついひも かいにいく なくてもどうにかなるけれどここにぴったり…

奥歯で噛みしめる快感 - 湖池屋 PRIDE POTATO

新しいポテチ、食べたくなぁい?二児の母です。 先日コンビニのおかし売り場の最上段に、ズラッと「KOIKEYA PRIDE POTATO」という高級寄りなポテチが3種類並んでいたのを見かけました。かなり独特な配置で、目立ったものです。 それらは1週間のうちに売り…

どことなくママン病む2月

二児の母です、with B。 育児始まって以降、気を抜くのが下手なせいか滅多に風邪を引かないのです。 引いてもちょっと空手稽古に行って大汗をかいてくれば治ったし、本能の赴くままに野菜スープを作ってかきこんでいるとそれが理にかなっていたようで速攻で…

アスペルガー児の中学受験

今年の2月は気が抜けちゃって(あんだけ闊歩していた)チョコレート催事場をスルーしている、二児の母です。 息子は、ぱっと見はふつうの子ですが発達障害児。発達障害にもいろいろあり、彼は「アスペルガー症候群」と呼ばれるケースに当てはまっていて、頭…

ボブヘアの毛先が外ハネしないブロー方法

ヘアサロンを変えたら、ヘアスタイルに関するふだんの困りごとについてもいろいろ教われてラッキー、二児の母です。 長らくショートボブですが毛流れにクセがあり、片方だけがハネやすくて困っていました。短めヘアの毛先が自然と内側に流れるブローのやりか…

例の大統領が黄金聖闘士説

息子の中学受験がようやく終わりました、二児の母です。 先日は第一志望校の受験日で、付き添いの保護者は「終わるまで食堂でひたすら待つ」の苦行を課されていたのですが、SNSのタイムラインをちょっと開いたみたところこんなニュース画像が・・・ んっ!?…

カレンダーを手作りする年

息子があすから中学受験っつーのに親子ともにマイペース、二児の母です。 年末は大きなカレンダー売り場であれこれ物色することを楽しみにしてきたのですが、どうも、「自分の求める機能だけが盛り込まれているカレンダー」というものが例年見つからないとい…

あなたがまだ少年のうちに

「カラオケならお任せください」と言い放ったくせにPTA関連新年会当日にまさかの風邪で喉ガラガラ、二児の母です。 内面的にはだいぶ幼い息子が、いよいよ中学受験日を迎えます。 6年生になる直前に急にそういう希望を言い出したので、今年度は幼いむす…

スターバックスのプリンのそそりどころを、ちゃんと

朝早くに中学受験当日のシミュレーションに出かけたらお気に入りの手袋を両方落として帰ってきた、二児の母です。 腹いせに、帰路はスターバックスに寄り、ママ友連からすると「オープンしたての時間じゃないと買えない。なにこれウマっ!の連続」だったとい…